ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定とは

システムを構築したりセキュリティ対策をしたり、
知識を身につけたりする資格試験で
ウェブ関係においては国家試験は初だったみたいです。

1級から3級まであるのですが、
1級は合格率が23パーセントで2級は48パーセント、
そして3級は60パーセントという合格率です。

就職に役立つ資格でもあるのですが、
ウェブ業界でこれから働きたいと思っている人や目指している人は、
ウェブデザインができるということを証明することができる資格なので、
メリットは大きいと思いますよ。

でも僕は単純に資格を取得して知識を蓄積させたかったから3級を取得したのですが、
就職するのに役立てたいと思っている人は
2級以上は取得しておいたほうがいいみたいです。

仕事に活かせるって事ですがウェブやモバイルコンテンツの
デザインや制作業務や企画提案などをするのに役に立つ資格です。

受験資格

受験資格があったのですが、3級はウェブの作成、
運営に関しての業務に従事している人や
これから従事しようと思っている人という条件がありました。

まあ、僕もそれに該当するとして受験したんですけどね。
3級に関しては学科試験が45分間あって、
インターネット概論とかウェブデザイン技術とか45分間受けます。

それから実技は60分でウェブサイトデザイン、
ウェブサイト運用管理の実技試験です。

1級とかはさすがに本格的なウェブデザインの仕事をしている人が
受験するような感じだったので僕はお呼びではないなと思ったのですが、
ウェブデザインの3級くらいならたぶん興味がある人なら合格できると思います。

ちなみに合格率ですが、
1級は23パーセントで2級が48パーセント、
そして3級は60パーセントなのでやっぱり3級くらいなら
頑張って勉強をすれば合格できる範囲ではないですかね。

でも1級となると23パーセントなのでかなり合格率が下がりますので、
本格的に極めたいと思っている人しか受験は無理かも。

そして1級を受けようと思ったら受験資格に7年以上の
実務経験を持っている人という条件も加わりますから、これは無理でしょ。

それから大学卒業後3年の実務経験とか高度職業訓練終了後1年の実務経験とか、
2級合格をしていてそれから2年の実務経験とか、
そういった受験資格が定められているので、
その点でやっぱりまずは3級からということになりますね。

ただそれでも僕は知識が乏しくて、
独学では限界を感じて通信講座を受講して受験することにしたんです。

ITに詳しくてもデザイン方面はさっぱりだった僕が資格取得できたのも、
講座受講って道を選んだからじゃないかなーと思います。
デザインは独学でもできますが、
独学では限界が来ることもありますからね。

参考:IT関連の資格取得講座

でもウェブデザインの資格もとても奥深くて勉強をしているときは
知識を色々と身につけることができたのでよかったなと思います。

自分がこれまでに知っていたことを確かめるいい機会にもなりましたし、
それを使ってこれからいろいろなことにチャレンジできるかなとも思ったりしています。